骨董品の買取を利用してみましょう|価値を把握しよう

グラスと瓶

高く買い取ってもらう為に

アルコール

世界中にコレクター

ウイスキーは、ただ飲んで楽しむだけではなく、コレクションして楽しんでいる人もたくさんいます。コレクターの為に、ヴィンテージのウイスキーを専門に扱っている店舗もあるほどです。コレクターは世界中におり、日本のウイスキーは海外でも高く評価されています。2015年に香港で開催されたオークションでは、日本のウイスキーが1400万円以上の高値で落札されました。ボトルだけを集めている人や、箱などの付属品を集めている人など様々なので、中古などの買取のニーズも高いと言えます。家に眠っているウイスキーがあれば、もう飲まないのであれば、専門の業者に買取してもらう事もできます。その時に、知っておけば買取価格に差がつく方法がいくつかあります。

保存状態が決め手

ウイスキーの種類によって違いはありますが、基本的には新品に近い外見、状態である方がいいです。必要ないと分かっているなら早めに出した方がいいと言えます。古酒である事に価値があり、同じ銘柄でも古ければ古いほど価値が上がる物もあります。そして、箱などの付属品が全て揃っている方が価値は上がります。もちろんその付属品も美品である方が査定額も高くなります。特殊な物では、そのボトルに価値がある物があります。人間国宝の方が作ったボトルで、ボトルだけで数十万円の価値がある物もあるのです。次に、保管の仕方でも買取価格が変わってきます。紫外線はウイスキーの中身を劣化させてしまうので、光が全く当たらない所に保管する事が大切です。また、その時に確実にボトルの蓋を密閉しておかないと、同じように劣化してしまいます。